事業案内

事業案内

一般土木事業

1999年の創業当時、交通網の安全と道しるべの役割を担うため
道路付属安全施設(標識・区画線・防護柵)等の
土木工事の設計施工をしてまいりました。

沈下調査、沈下修正工事

・事前調査
建物・構造物の基礎や外壁に見られる変位状況の確認や、建物内外で基礎、床レベルの沈下量を測定し、建物周りの地盤調査や周辺状況の確認を行うことで、沈下の原因を調査し、最適な工法の検討・提案を行います。

・沈下修正工事
事前調査結果により、工法の選定を行い、適切且つ経済的なご提案をいたします。代表的な工法として、建物の荷重を反力にして基礎下の支持層までジャッキを使って圧入していきます。(主な工法として、鋼管圧入工法、高強度ブロック工法、耐圧板工法、薬剤注入工法等)建物・構造物を水平修正し、沈下を修正するだけでなく、建物の再沈下も防止する補強工法です。

 

基礎補修補強工事

・炭素繊維シート
コンクリート構造物の補強として、高品位を誇る炭素繊維を、住宅の基礎等のコンクリート表面に専用のエポキシ樹脂で貼り付ける工法です。
・エポキシ樹脂
コンクリートに発生したひび割れの内部に、エポキシ樹脂を注入することにより、分断されたコンクリートを一体化し耐力を復元させることができます。又、雨水等のコンクリート内部への侵入を防止し、建物の耐久性を向上させます。

 

自動車事故物損復旧工事

交通事故での、ガードレール・視線誘導標・ポール・道路標識の破損、縁石・民家の外壁・ブロック塀・フェンス等の破損等を、迅速・丁寧に復旧工事をさせていただいております。

 

・ガードレール修繕工事               ・視線誘導標修繕工事
                       

 

その他事業

  • 舗装
  • 標識
  • 塗装
  • 防護柵
  • 安全施設
  • 産業廃棄物収集運搬

お問い合わせはこちら

お問い合わせ

過去の記事

Return to Top ▲Return to Top ▲